トップ > レポート > キッザニア東京・甲子園で「キッズパフォーマーコンテスト」を開催
松竹芸能からのイベントレポートなど
« PREV | NEXT »

レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キッザニア東京・甲子園で「キッズパフォーマーコンテスト」を開催

20150222tokyokidzania.jpg  2月21日(土)、22日(日)の2日間、キッザニア甲子園・東京において、こども達が得意のパフォーマンスの腕を競う「キッズパフォーマーコンテスト」を開催しました。

 コンテストでは予選を勝ち抜いた3歳~中学3年生の10組のこども達が、漫才やコント、歌やダンスなど得意なパフォーマンスを披露。審査にはタレントの育成やお笑いのプロである松竹芸能の社員も参加し、厳正な審査の上、最優秀賞を含む4賞が選出されました。


20150222osakakidzania_01.jpgキッザニア甲子園受賞者
【最優秀賞】
小二子町
【松竹芸能賞】
みれい
【キッザニア賞】
はるとかんた
【審査員特別賞】
あり&とし

 最優秀賞の「小二子町」は元気いっぱい大阪弁コテコテの同級生お友達コンビ。
松竹芸能賞を受賞した「みれい」はキレキレのダンスを披露して将来がとっても楽しみなキッズダンサー。「はるとかんた」は科学実験を楽しく伝え、勉強になるショーを実施、キッザニア賞を受賞しました。
「あり&とし」は元気いっぱいの男女お友達コンビ。白熊のジェンカを歌いました。上位3賞までを予定していましたが特別に審査員特別賞がプレゼントされました。


20150222tokyokidzania_01.jpgキッザニア東京受賞者
【最優秀賞】
フラメンコプーロ
【松竹芸能賞】
ブルーアフロブラザーズ
【キッザニア賞】
テンセイ
【審査員特別賞】
カンナム


 東京では、こどもながらも、大人顔負けのステップを見せてくれた「フラメンコプーロ」が表現力の高さを評価され、最優秀賞を受賞しました。
兄弟で青いアフロをつけて登場したのは「ブルーアフロブラザーズ」。お兄さんがピアノを、弟がピアノに合わせて体操をするというユニークなステージで松竹芸能賞を受賞。
キッザニア賞は、ジャグリングの高い技術力と、観客を飽きさせない演出が評価された「テンセイ」に贈られました。
今回は上位3賞のほか、キレのあるダンスで会場を沸かせた「カンナム」が審査員特別賞を受賞しました。
20150222tokyokidzania_02.jpg    20150222tokyokidzania_03.jpg


次回の開催も、お楽しみに!


「笑育(わらいく)」特設ページ
waraiku_sidebanner.jpg