内海英華の松竹芸能公式プロフィールページ

タレント一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内海英華(諸芸)


内海 英華(うつみ えいか)

本名 田中 愛子(たなか あいこ)
生年月日 1960年6月17日
出身地 大阪府
血液型 O型
特技 ジャズトロンボーン、サックス
趣味 演劇鑑賞、俳句


受賞歴
1994年 第11回大阪市「咲くやこの花賞」 寄席三味線への継承発展の功績に対して
平成23年度 第9回「上方の舞台裏方大賞受賞」
平成24年度 (第67回) 文化庁芸術祭大賞受賞

略歴
上方落語界でも数少ない寄席三味線として落語会などで活躍する傍ら、大阪で唯一の「おんな道楽」(三味線漫談)を継承し、女道楽2/お囃子1の割合で、年間200回以上の舞台を務める。
2006年にはビッグバンド「アロージャズオーケストラ」のリーダー宗清洋のカルテットとお囃子という異色のJazzコラボレーションバンド「宗清洋と粋~てすとさうんど」を結成、邦楽の新しい可能性を追求する。他にも、司会、寄席の踊り、女優等、多芸多才の持ち主で、上方落語会でも異彩を放つ貴重な存在となっている。

芸歴
1978年 旭堂南陵へ女流講釈として入門。翌年、新世界は新花月にて女流大会で初舞台。
1981年 漫才師内海カッパ・今宮エビスの、カッパに師事。大阪で唯一の「おんな道楽」(三味線漫談)で舞台や落語会に活躍。
1982年 故桑原ふみ子(杵屋柳翁)に師事。上方落語界でも数少ない寄席三味線を弾き、ホール落語会や寄席中継などでも活躍する。
1994年 寄席三味線への継承発展の功績が認められ、第11回大阪市「咲くやこの花賞」を受賞。
2009年 8月26日 大阪国立文楽劇場にて、芸能生活30年プラス1「平成の女道楽 内海英華でございます」で初の独演会。成功を治める。
独演会に合わせて、写真集「みすじのいとに」を出版、CD「平成の女道楽 内海英華でございます」をリリースする。
2010年 4月23日 東京は銀座ブロッサムにて東京版「平成の女道楽 内海英華でございます」成功を治める。
※2006年より、関西で唯一のビッグバンド「アロージャズオーケストラ」のリーダー トロンボーンの宗清洋カルテットと、三味線、太鼓、横笛のカルテットで、お囃子とJazzのコラボレーション「宗清洋と粋~てすとさうんど」でライブ活動を行っている。

CD
「平成の女道楽 内海英華でございます」
http://www.utsumi-eika.com/?page_id=91

写真集
「みすじのいとに」
http://www.utsumi-eika.com/?page_id=91

レギュラー
全日空機内放送「全日空寄席」
ケーブルテレビBayCommunications「ほっとネット☆ベイコム」コメンテーター
ラジオ関西「おはようラジ関演芸」パーソナリティー
明石ケーブル「もうひとつのガイドブック~路地裏で見つけた風景~」
https://www.facebook.com/rojiura.akashi/

CM
富士急ハイランド「テンテコマイ」
https://www.fujiq.jp/special/tentekomai/