トップ > トピックス > 道頓堀に再び演芸の灯を!松竹芸能『角座広場(DAIHATSU MOVE 道頓堀角座)』が 7月28日(日)ナニワの日に盛大に開業致しました
最新の情報、ニュースなど
« PREV | NEXT »

トピックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道頓堀に再び演芸の灯を!松竹芸能『角座広場(DAIHATSU MOVE 道頓堀角座)』が 7月28日(日)ナニワの日に盛大に開業致しました




 松竹グループの松竹芸能株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 井上貴弘)の『角座広場(DAIHATSU MOVE 道頓堀角座)』(同道頓堀一丁目4-20)が7月28日(日)に盛大に開業致しました。

 当日は、まず、松竹芸能所属芸人36人による道頓堀の船乗り込みと、戎橋たもとでの船上の口上、角座広場までのお練りが行われました。お練りでは、高提灯に先導された幟を持った芸人・タレントら約70人が練り歩き、集まった観客に『角座広場(DAIHATSU MOVE 道頓堀角座)』のオープンを高らかにお報せしました。

130728houkoku4.jpg  その後、角座広場で行われた記念式典では、社長の井上より、「江戸時代から続く名前を復活できたのはみなさまのおかげと大変感謝しております。この劇場が出来て、やっとスタートラインに立てましたが、みなさんに応援していただくことが必要です」と挨拶がありました。続いて、柏木陸照大阪市中央区長、今井徹道頓堀商店会会長からご挨拶をいただき、オフィシャルパートナー各社や角座出店の飲食店、建設協力者などの御来賓を代表して、メインスポンサーであるダイハツ工業株式会社理事・オフィスサポートセンター長・東京支社長別所則英氏よりご挨拶をいただき、式典は関係者による鏡開きで締めくくられました。
 その後は、DAIHATSU MOVE 道頓堀角座(以下、ムーヴ角座)の開場時刻まで、角座広場ステージを観覧の来場者を前に、所属タレントによるお笑いステージが行われ、開場のカウントダウンはキンタロー。と来場者による、「フライングゲット」によってゼロを迎えました。

 ムーヴ角座では、今後、月曜日は落語をそれ以外の曜日は昼は寄席、夜は若手中心のナイトライブなどを行っていく予定です。



 「笑い」をテーマにし、企業との取り組みも取り入れた、角座広場の施設をご紹介します。

  
ムーヴ角座と"Campusノート"型看板   劇場客席



130728houkoku8.jpg  130728houkoku7.jpg
    櫓モニュメント           トラックを改装 まるみえ社長室



130728houkoku10.jpg  130728houkoku11.jpg  130728houkoku9.jpg
常に満車社長室専用駐車場  "カドケシ" ソファー  生活安全センター・お笑い観光案内所



130728houkoku13.jpg  130728houkoku12.jpg
フリーアドレスの「本社事務所」       ミーティングルーム"工事現場"



130728houkoku15.jpg   130728houkoku14.jpg
ミーティングルーム"トイレ"         ミーティングルーム"ファミレス" 




image016.png 角座広場に関する資料はこちらからダウンロードできます。









----------------------------------------------------------------------------------------
本件に関するお問い合わせ先
松竹芸能株式会社 道頓堀プロジェクト 
大阪市中央区道頓堀1丁目4-20 TEL06-7898-9010