トップ > トピックス > 手塚治虫さん初期肉筆画「二代目桂春團治のポスター小間絵」発見!!
最新の情報、ニュースなど
« PREV | NEXT »

トピックス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

手塚治虫さん初期肉筆画「二代目桂春團治のポスター小間絵」発見!!

漫画家 手塚治虫さんが学生時代に描いたと思われるイラストが、今年1月に亡くなりました三代目桂春團治の遺品から見つかり、12月18日(日)DAIHATSU MOVE 道頓堀角座にて発表会見を行いました。

tedukaosamu_1.JPG これは、三代目桂春團治の父親である二代目桂春團治の巡業用に描かれた興行ポスター用のイラストと思われ、芝居「明烏夢の泡雪」の粗筋を描いたものや落語「宿替え」などが描かれております。

会見には、当時ポスターデザインを手塚治虫さんに依頼された二代目桂春團治の妻 河本寿栄様にも出席いただきました。当時手塚治虫さんが「画料をお渡した際、『絵を描いてお金をもらうのは初めて』と話していたこともあかし、当時を懐かしんでおられました。

この小間絵(レプリカ展示)を下記落語会にて一般公開いたします。是非お越しくださいませ。

tedukaosamu_2.JPG プレ展示(小間絵のレプリカの展示)
平成 29 年 2 月 26 日(土)
「三代目桂春團治追善落語会」