松竹times

芸人が発信するエンタメメディア松竹芸能Times

芸人が発信するエンタメメディア松竹芸能Times

インタビュー

松竹芸能Times

うしろシティ第10回単独ライブ 「人生に、エクスカリバーを。」開催決定!

松竹芸能Times 1,013

SNSでシェア

うしろシティの全国ツアー、うしろシティ第10回単独ライブ 『人生に、エクスカリバーを。』が決定!
今回は前回のツアーも振り返りつつ、第10回へのお二人のアツい意気込みを聞いてきました!

うしろシティ

プロフィールを見る

2009年4月 コンビ結成
料理芸人・キャンプ芸人として活躍中の阿諏訪と 新潟県津南町の観光大使の金子によるコンビ。 平成30年度花形演芸大賞 銀賞を受賞するなど実力派で 書籍発売やイベント出演など多方面で現在活躍中!

―それでは早速、今回のライブツアーのコンセプトはありますか?

金子・阿諏訪:ライブのコンセプト!笑

金子:ミュージシャンのアレですよね?ライブツアーとかやるときに今年はサーカスです、みたいなタイトルの。 東京や大阪以外の方って、普段なかなか劇場に観に来れないじゃないですか。 今回のというよりか、よく言ってるのは「ご挨拶」というか。 「今年もよろしくお願いします。新作できましたのでお納めください」っていうつもりで行ってますね。

阿諏訪:お中元的な。笑

-今年のツアーはどこを周りますか?

阿諏訪:東京、大阪、名古屋、福岡、新潟、仙台の6か所で今年は仙台が増えました。

-仙台が増えたのは理由があるんですか?

阿諏訪:いや、ほんとはもっと全国行きたいんですけど。行ったことないとこ行って美味しいもの食べたりするのも楽しいし!笑

金子:全都道府県行きたいんだよな。でも僕らはコントなので大道具を運んだりとか予算の兼ね合いもあるし。 どの都道府県でも見たい人がいてくれて、そういう予算を気にすることもなくいけるようになれば一番いいですよね。

阿諏訪:今でも福岡でやるときに「宮崎からきました!」っていう方もいてくれるので色んな人が来やすいように色んな場所でやりたいです。なので今回仙台で出来るようになったのは結構デカイです。

金子:あとは沖縄、北海道とかも行きたいね。

-今回のツアータイトルの『人生に、エクスカリバーを。』は、どうやって決めたんですか?

阿諏訪:毎回告知を出すから、早くタイトル決めろってお尻叩かれるんですよ。 なのでその段階でネタは出来ていないので、2人で「なんかワード頂戴」って言い合って。笑

金子:僕らコンビ名もそうなんですけど割とそのへんはこだわりがなくて。笑

-ライブの構成とかもう決まってますか?

金子:ネタやって、笑かして、終わりっす。

一同:かっこいいいい!!笑

阿諏訪:それ文字にするとすげーダサくなるかもしんないよ!気を付けた方がいいよ!笑

-10回目ってことですけど過去の9回振り返ってどうですか?印象に残ってる回とか、トラブルとかありますか?

金子:トラブルは結構ありますね。

阿諏訪:あれじゃない?2個前のかなぁ。 一番初めのネタで電車の音をつかうんですよ、タイミングがココってところが決まってて。それがないと笑いにもないし意味も分からないぐらい大事な音なんですけど。それを出してくれるのは作家さんで、スタンバってるんですけど。 名古屋公演かな、作家さんが寝てて。笑

金子:ライブの1ネタ目で寝てるのやばいよね。笑

阿諏訪:お客さんが入場している間に眠たくなっちゃったんだろうなあ。笑

金子:そういう技術的なミスもあるね。あとはトラブルではないですけど、とんかつを小道具で使うネタがあって。 食品サンプルでもよかったんですけど、舞台監督さんが「全国行くんだからその地域でとんかつ売ってるだろうし、それでいけば?終わったら食べれるし」ってそれで、毎回買ってたんですけど。ネタ中パッて出すものなんで、冷ました状態で使いたくて。

阿諏訪:アツアツの意味はないからね。笑

金子:福岡行って、舞台監督さんと一緒に買いに行ったんですけどお店の方に「東京からきたの?」かと。「ようこそ福岡へ」と。 「おいしい揚げたてとんかつをあげる」って仰ってくださって。 でも、気持ちはすごく嬉しいけど冷ましちゃうから本当に悪いなと思って。「このまま出来上がってるので本当おいしそうなんでコレで」 「いや、そんな遠くからきたんだからあげるよ!」って笑

阿諏訪:まさか小道具だとはおもってないもんね。

金子:そういう申し訳なかったなぁっていうエピソードとかもありますね。

-嬉しかったエピソードは?

金子:新潟公演は何年か前から始まったんですけど、地元なので同級生とか見に来てくれることは嬉しいですね。 新潟にお笑いライブの習慣がないから「目の前でお笑い見れて、それが同級生」ってことにビックリしてくれてて。

阿諏訪:そういえば、金子の友達ってすぐわかるんですよね。新潟市内でライブするんですけど、金子は新潟の中でも一番はずれの津南町ってところでの出身で。

金子:新潟市まで3時間ぐらいかかるんだよなあ。

阿諏訪:単純にみんな声がでかいんですよ。笑

金子:田舎育ちだからさ。笑

阿諏訪:「おい!まなぶー!きたぞー!」みたいなのは、本人も恥ずかしいと思うんですけど僕でも恥ずかしい。笑

金子:恥ずかしくないよ!あれ普通のトーンだもん。でも後でそれ言われてめっちゃ恥ずかしかった。笑

-地域によって会場の雰囲気が違ったりしますか?

金子:東名阪はそんな変わらない気がしますね。

阿諏訪:慣れてるんでしょうね、東名阪の人は会場でお笑い見て、笑うってことに慣れてるというか。

金子:地方公演は見慣れてないからお客さんの方が緊張してるんだろうなぁって。

阿諏訪:会場でお笑いを見て、声出して笑うってちょっとハードルあるじゃないですか。

金子:うちも田舎でわかるんだけど、田舎の人って恥ずかしがるんですよ。声出して笑うのに。 でも楽しんでくれてはいるのはわかりますよ!

-地方公演の方ってリピーターが多いんですか?

金子:地方の会場こそそうなんじゃないですかね。

阿諏訪:去年の単独のTシャツを着て、翌年も来てくれたりするとめっちゃ嬉しいです!

-今年もグッズはどんなラインナップですか?

2人:今年もいろいろ製作中です!

阿諏訪:Tシャツ・タオルとか色々発売予定です。 グッズで言ったらTシャツが毎年「普段でも着れるようなものがいいなぁ」って思ってて。 今年も普段使いのできるデザインになってます。漢字で「単独ライブ」とか書いてるのはちょっと着ると恥ずかしいかなって。笑

-10回ともなるとネタの作り方とかって変わりましたか?

金子:前はどっかのタイミングで1本まるまる差し替えたりとかしたことあったんですけど

阿諏訪:ライブツアー中にね

金子:それは全体の感じをみて、あ、これとこれ一緒にやるよりは別のやついれた方がいいかなとかあったんですけど。 むしろ1個のネタを全国でやることで、ネタの真ん中ぐらいをやれるようになるというか。東京だけだったらガツンとやってもいいんですけど、そのネタって地方の人には笑いにくいタイミングだったり、言い方だったり表現だったりするのがちょうど真ん中ぐらいのいい感じになるっていうか。良くも悪くも角がとれるというか。そういうの考えて作るようになったかなっていうのはあるんで。 東京だけでやってるほうがそういうの無視して尖ったネタになるんだろうなって思うんですけど ツアー回る楽しさがあるから、だったらみなさんに楽しんでもらいたいなと!

阿諏訪:最初のころはガチガチに台本書いてたりしてましたけど。

金子:もう今はだいぶゆるめに作ってますね。その場を見て、ちょっと丁寧に説明したりしてます。

-前回のライブから1年経ってプライベートはでどんな変化がありましたか?

金子:韓国にハマりました! お正月に初めて韓国旅行に行って。韓国料理好きだったので何をしようって訳でもなく行ったんですけど。 後輩のコーヒールンバの平岡とおでんと3人で。もう本当ずっと楽しくて!

-どこに行ったんですか??

金子:仁川空港から新沙(シンサ)っていう江南(カンナム)近くのホテルとって、ソウルも明洞(ミョンドン)も東大門(トンデムン)とか色々行きましたね。あえてタクシーだけじゃなくてバスとかも乗ろうみたいな。なので、バスの乗り方も覚えたり。 日本に帰ってきてからも韓国行きた過ぎて、東京だと新大久保。そこばっかり行ってます。 海外旅行なんてほとんど行かないので言葉が通じないってことに普通ストレス感じるじゃないですか。逆にドキドキするというか。 みんなで来年と言わずどっか予定合えば行こうぜって言ってるんですよ。単独も韓国でもやりたいし。 横に通訳の人置いて。笑

-中でもオススメの場所とかあります?

金子:カフェむっちゃ多いですよね。すごいカフェ文化なんですよね、日本より全然多いです。 同じチェーンのカフェが信号渡ってすぐありましたね。 飲み物の量も多いし、スイーツもでっかいし。カフェはいろんなお店行ってみたら楽しいだろうなって思います。 あと、明洞の明洞餃子っていうミシュランにも載ってるあそこはめちゃめちゃおいしいです。安いし!

-阿諏訪さんのプライベートな話も教えてください!

阿諏訪:キャンプですかね。でもキャンプが仕事になりました!まず料理が仕事になって、今はキャンプ場で料理してますね。笑 好きなことがどんどん仕事に繋がっています。 月3、4回ぐらいキャンプ行ってて、5月上旬の今で既に2回行ってます!

金子:単独近づいてきたのにね。普通行けなくなるんだけどね。笑
でもキャンプできるっていいよね。

阿諏訪:最近も40代ぐらいの子持ちのお父さんがキャンプやりたいって仰ってて。子供の情操教育にもいいし。 子供にそういう体験させるのって、小さい時大事じゃないですか。

金子:俺その体験しかしてないけどね、子供の頃。

阿諏訪:東京の人とかあまりそんな機会ないから!

金子:俺は子供の頃もっと都会に連れてきて欲しかったなあ。 俺キャンプ場みたいなところで生まれてるんで、山とか行ったら戻るっていうかなんで上京したんだっていう。笑

-金子さんの趣味ってなんですか?

金子:趣味って言う趣味はないです相変わらず。

阿諏訪:ずっとないもんな。

金子:服とかも好きだけど趣味ではないしなぁ。好きなだけで言ったらなんでも好きですけど。サバゲーとかも好きだし。

阿諏訪:オタク気質じゃないんですよね。突き詰めて知識が増えていくとかでもないし。

-10年を振り返ってみてどうですか?

金子:デビューしたときはやるぞっていう気持ちでこの業界に入ってるんですけど、同期とかどんどん辞めていく中で10周年迎えれたということはすごいことだなって。ほとんど誇れることはないですけど俺たち10年やったなあって。ダラダラと続けることはできるけどなかなかここまでたどり着くのは厳しいじゃないですか。そういう意味では周りに感謝っていうのはありますね。ネタとかコンビ関係とか10年やってきたから丁度こんな感じになるのかって。
あとはお客さんの変化にビビりますね。

阿諏訪:あー思う!!

金子:小学生の女の子とかがお母さんと来てて「将来まなぶくんと結婚する!」みたいな言ってくれてた子がもう高校生になってて。 もう結婚とかボケでも言うなよって。笑
相方見ててもそんな変わんないと思うけど、お客さんを見てこんな成長してるってことは10年経ってるんだなって。

阿諏訪:ラジオの影響で男性の方が来てくださることも増えましたね。

金子:リスナーの方は会場で会ってもわかりますね。

阿諏訪:ちょっとオドオドしてるっていうか笑

金子:勇気だして近寄ってきてくださって「あの」って声を聞いた瞬間分かる!

阿諏訪:みなまで言うなってなりますね。笑

金子:リスナーは仲間っていうのがあるんで、お客さんっていう目で見てないですね。笑

-それでは最後に今後の目標ってありますか?

金子:目標って言うのはないなあ。 10周年でやっと振り返れたみたいな感じでまた何年か後にまだやってんなって振り返る為にも ネタ作りもそうだし色々頑張っていくことですかね。今年なんかやったやるぞっていうのを前面に押し出していくコンビじゃないし。笑

阿諏訪:遠くにでっかい目標があってそこに向かって頑張るっていうよりは近場の目標を続けていく方が頑張れるタイプだと思うんですよ僕ら。

金子:ツアー周ってみなさんが来てくれなくなるまでは!笑

阿諏訪:ニーズがあれば!笑 これからもコツコツと積み重ねていきます。

各公演の詳細はこちら!

【東京公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
6月8日(土) 17:30開場/18:00開演 シアターサンモール 詳細はこちら 詳細
6月9日(日) 13:30開場/14:00開演 詳細はこちら 詳細
17:30開場/18:00開演

【仙台公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
6月23日(日) 16:30開場/17:00開演 仙台シルバーセンター交流ホール 詳細はこちら 詳細

【大阪公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
7月15日(月・祝) 17:30開場/18:00開演 ABCホール 詳細はこちら 詳細

【名古屋公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
7月20日(土) 16:30開場/17:00開演 東別院ホール 詳細はこちら 詳細

【福岡公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
7月21日(日) 16:30開場/17:00開演 イムズホール 詳細はこちら 詳細

【新潟公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
8月18日(日) 17:00開場/17:30開演 新潟県民会館 小ホール 詳細はこちら 詳細

NEW

【東京追加公演】

日時 時間 会場 チケット詳細
8月22日(木) 14:30開場/15:00開演
18:30開場/19:00開演
座・高円寺2 詳細はこちら 詳細

NEW

ツアーグッズのラインナップはこちら!

関連記事