ニュース

2017.12.13

「超鳥取!食のみやこ大忘年会!」事後レポート紹介!

SNSでシェア

鳥取県平井知事もカニ激(感激)!
ふるさと大使と鳥取県の名産名品を味わい尽くす
「超鳥取!食のみやこ大忘年会!」開催

2017年12月8日(金)、松竹芸能×鳥取県「超鳥取!食のみやこ大忘年会!」を開催しました。会場は、鳥取と岡山の共同アンテナショップであるとっとり・おかやま新橋館2階の「ももてなし家」。

イベントには、“とっとりふるさと大使”として活動する、上田まりえ(境港市出身)、安田大サーカス団長安田(城北高校出身)、みょーちゃん(境港市出身)が出演。さらにサプライズゲストとして、平井伸治鳥取県知事も登場しました。60名の来場者と一緒に鳥取県の食やお酒を楽しんだイベントの内容をレポートします。





■牛乳で乾杯!乾杯から鳥取らしさ溢れる展開に


「超鳥取!食のみやこ大忘年会!」のはじまりは乾杯から。上田が鳥取県の地ビール「大山Gビール」、みょーちゃんが鳥取県境港に蔵元がある日本酒「千代むすび」と鳥取のお酒で乾杯の準備をする中、団長が用意したのは鳥取では給食でもでてくる「白バラ牛乳」。

会場にいた全員がお酒じゃないことにツッコミをいれたくなるなか、「アスリートなんで。」と笑いを誘って乾杯をしました。


▲「牛乳でお酌したのは人生で初めてです」と驚きながらお酌をする上田

乾杯のあとは、歓談タイム。来場者の皆さんは、この日のために用意された鳥取を代表する美味しい料理と飲み物に舌鼓を打ちながら、出演者と写真を撮ったり、話をしたりと楽しい時間を過ごしていました。


▲とうふちくわと、砂丘らっきょう入りポテトサラダ


▲会場には、鳥取を代表する飲み物がこれでもかと用意されていました。


▲インスタ映えを狙ったフォトスポットも。出演者と一緒に多くの来場者が写真を撮っていました。



■甘酸っぱい思い出が詰まった初恋エピソードで盛り上がる

歓談のあとは、トーク企画に移ります。まずは、来場者から集めた鳥取にまつわる質問に答える「鳥取イメージ調査」です。選ばれたお題は「初恋のエピソード」。

はじめに、団長が鳥取プレイランド(遊園地。1995年10月に閉園)で女子校に通っていた女の子とデートしたというエピソードを披露します。「鳥取プレイランドで何して遊んだんですか?」という質問に「そりゃいろいろプレイしたよ。」と含みのある回答で会場を笑いの渦に包み込みました。

みょーちゃんは、米子駅前のサティで初めてできた彼女に告白したエピソードを披露。甘酸っぱい青春時代を振り返りました。

上田は、鳥取に住んでいた時代に彼氏がいなかったと明かします。初恋については、「剣道部のときに剣道部の先輩とつばぜりあいをしながらかっこいいなと思っていたけど告白はできなかった。」とエピソードを語りました。

ほかにも、鳥取のオススメの場所を紹介する企画や、会場に用意された鳥取の名産、名品を紹介する時間など、鳥取出身者には懐かしさ、出身者でない人には新しい鳥取の魅力を感じることができるような内容で会場を盛り上げました。


▲鳥取出身者にもあまり知られていないが業界人気が非常に高い隠れた名品、米子駅の名品「吾左衛門鮓」。鯖はもちろんですが、上田いわく「境港サーモンも絶品!」。


▲鳥取和牛の旨味を閉じ込めたローストビーフ。2017年和牛能力共進会(5年に1度の和牛日本一決定戦)で鳥取和牛は初の肉質1位を獲得!



■ふるさと大使オススメ、超鳥取スポット紹介!

続いて鳥取のオススメスポット紹介へ。

▼トライアスロンでも活躍中の団長は、国内トライアスロン発祥の地・鳥取県には縁深い。
今回は環境スポーツイベント「SEA TO SUMMIT」で皆生海岸・大山を訪れた時の写真を紹介しながら鳥取の大自然の気持ちよさを語ってくれました!

▼元網元の娘・上田まりえは、父と一緒に境港へ。蟹のせりを潜入取材!

旬な紅ズワイガニはまさに海の宝石!



■サプライズゲスト平井伸治鳥取県知事

「超鳥取!食のみやこ大忘年会!」も後半戦。いよいよサプライズゲストの登場です。この日のサプライズゲストは、平井伸治鳥取県知事。盛大な拍手で迎えられた平井知事は、挨拶もほどほどに「来年は心を入れ替えてカニンゲン(真人間)になろうと思います。」とダジャレを披露し会場の笑いを誘います。

知事の紹介が終わったところで、突如上田が知事に「見てもらいたいものがある。」と切り出します。

「知事に以前から鳥取をPRするCMなどに出たいとお願いしていたけど、勝手に蟹のポスターとチラシを作っちゃいました。」と発表。


さらに追い打ちをかけるように「できれば鳥取砂丘コナン空港と米子鬼太郎空港に置いてほしい。」と懇願。会場から上田を応援する拍手が送られる中、知事は満面の笑みで「カニ激(感激)です」と答える場面も。

鳥取県は蟹の水揚げ量日本一! 今年も平成29年9月1日から平成30年2月28日まで、「蟹取県」としてウェルカニキャンペーンを展開中。鳥取県内に宿泊すると毎月100名にカニが当たる他、松葉がになどの豪華景品がもらえるスタンプラリーやカニ&ピースフォトコンテストも開催中です。https://www.kanitoriken.jp/


▲団長とみょーちゃんは、とっとりふるさと大使としてチラシの配布をかって出ました。


▲来場者への知事からのお土産としてカニの味噌汁が提供されました。



■肉質日本一、292,929円の超豪華和牛弁当も登場

「超鳥取!食のみやこ大忘年会!」の最後のプログラムである抽選会がはじまりました。出演者たちが新橋館1階で選んだ鳥取の名産、名品を来場者に抽選で渡していきます。

上田まりえは陶器マグカップセット、
みょーちゃんは鬼太郎グッズ、
そして団長は、イチロー選手も使っているビモロシューズをプレゼント!

そして、、

ここで、知事からサプライズが。和牛の品評会で肉質日本一になった鳥取和牛を4.5キロも詰め込んだお弁当「鳥取和牛まるごと独り占め箱〜ギガ盛り〜」が登場。肉にちなんで、292,929円という値段がつけられた超豪華弁当を出演者、来場者に振る舞いました。

知事のサプライズはさらに続きます。知事からも抽選プレゼントがあるとのこと。プレゼントの賞品は、蟹の水揚量日本一ということで「松葉がに」。これには会場から驚きの声が上がりました。

いよいよ締めの挨拶です。知事の「鳥取県、蟹取県にウェルカニー!」と、カニポーズで締めました。
鳥取をこれでもかと感じながら、鳥取を好きな人たちと過ごした超鳥取な時間。2018年も超鳥取の勢いはさらに凄くなる……そう感じさせるイベントとなりました。



■お品書き

とうふちくわ と あごのやき
素材の味が生きるシンプルなちくわと、あご(飛魚)が効いた存在感のあるねりもの名コンビ。

砂丘らっきょう入りポテトサラダ
鳥取といえばらっきょう! シャキシャキらっきょうとポテトサラダがマッチ。

自家製クリームチーズ(大山白バラ牛乳)
鳥取大山の豊かな自然の中で作られた牛乳を使った、ももてなし家自家製チーズ。

サーモンカルパッチョ
肉厚で風味の良い鳥取のサーモンは、隠れた逸品。

大山ハムサラダ
創業60年を超える伝統を誇る大山ハムは、贈答品としても喜ばれる一品です。

長ネギのロースト
ネギの甘みとバジルソースがベストマッチ。

ローストビーフ
2017年、鳥取和牛は肉質全国1位を獲得!和牛の旨味をギュッととじこめました。

ののこめし(いただき)
鳥取西部で愛されてきた家庭の味。弓ヶ浜半島を中心に親しまれる郷土料理です。

吾左衛門鮓
米子で江戸時代から続く「米吾」の絶品寿司



■ドリンク

ビール;大山Gビール

ワイン;北条ワイン(赤・白)

日本酒;稲田姫、鷹勇、瑞泉、千代むすび

その他;白バラ牛乳、白バラコーヒー牛乳、20世紀梨ジュース