松竹times

芸人が発信するエンタメメディア松竹芸能Times

芸人が発信するエンタメメディア松竹芸能Times

おもしろ記事

松竹芸能Times

松竹タレントスクール生の1日に密着!~兵庫から大阪まで歩く男~

松竹芸能Times 238

SNSでシェア

今回の松竹timesは松竹タレントスクール生の1日に密着してタレントスクールは一体どんなところなのかをみなさんに知って貰おうと思います。
今日、密着するのは松竹芸能タレントスクール大阪校の比嘉君です。
比嘉君が住んでいる兵庫県尼崎市の最寄駅で待ち合わせです。

松竹タレントスクール生の1日に密着!

—比嘉君おはよう。

おはようございます!

—まずは簡単に自己紹介を。

2018年10月生の比嘉です。 今はスクールで見つけた相方と「代打北川」というコンビで活動しています。 ちなみに4名兄弟で尼崎の実家に暮らしています。名前と顔は沖縄ぽいっとよく言われますが尼崎出身の27歳です!

—今日は宜しく!
じゃ、電車も来るし早速行こっか。

はい!(改札と逆方向に歩き出す比嘉君)

—比嘉君、改札こっちやで。

はい!僕はいつもどこかに面白いネタが落ちていないか探したいのでスクールには毎回、歩いて通ってます!後は電車代の節約が一番大きな理由です。

—え!!ここから!?駅で言ったら10駅分あるけど。一応ここは兵庫県でスクールあるのは大阪府やし。

もう慣れましたね。歩くのは好きなので。 ここからスクールまでは2時間もあれば着くので行きましょう!

【おもむろにサングラスをかけて国道沿いに歩き出す比嘉君】

ちなみによく歩くので靴は9,000円のいい靴を履いています。

—9,000円の靴っていい靴なの?普通のスニーカーでも10,000円くらいするけど。

でも素材の関係で雨の日は履かないように店員さんに言われました。

—・・・そうなんや。

あと、僕は手が乾燥しやすいので今の時期はビニール手袋をして歩いています。これで30分ほど歩くと手が潤います。更に普段はマスクの中に濡れテッシュを挟んで喉が乾かないようにしています。このようにただ漫然と歩くのではなく様々な工夫をして歩く事を心掛けています。

—・・・そうなんや。

あ、あそこに牛乳屋さんがありますね。僕、牛乳に関しては岡山の梶原乳業っていうところの低脂肪牛乳しか飲めないんですよねぇ。

—・・・そうなんや。
ちなみに比嘉君は何故、タレントスクールに入ろうと思ったの?

以前は働いていましたが、仕事を辞めた後に人生に疲れて何もしない時期があったんです。このまま何もしないのも良くないと思い色々と考えた結果、人生一度きりだし好きな事を仕事にしてみたいと思いまして昔から憧れていたお笑い芸人を目指してみたいと思ってタレントスクールへ応募してみました。

【30分ほど歩いて休憩。お茶をプレゼントしました】

—松竹芸能のタレントスクールの良い所って何かある?

そうですねぇ。風通しがよくていい意味でゆるさがあるところですね。僕、中学校や高校とか学校ってあんまり好きじゃなったんですよ。でもタレントスクールは同じ目標を持った仲間達と色々と学んだり語り合ったりと出来ますし、何よりお笑いが好きなのでお笑いを学んでお笑いの事を考える、という事が楽しいです! また入学時は一人で入ってくる人も多くて相方もスクールで探す事も出来ますし。

—タレントスクールの授業はいつもどんな感じ?

授業は構成作家や先輩芸人の方が講師を務めてくれています。 内容は発声練習や大喜利を考えたり作ったネタを見て貰うネタ見せ等、さまざまな授業があり毎回刺激があります。初めはみんなの前で何かをするのは恥ずかしかったですけど、今は楽しいです。

—そっか。楽しんでるみたいで良かった!
大阪市に入りました。そろそろ足が疲れてきたけいつもどれくらいの時間を歩いてんの?

おおよそ自宅からスクールまで片道約2時間です。

—往復4時間!
結構な長時間やけどいつもどんな事考えて歩いてる?

やはりお笑いの事を考える事が多いです。 でも最近はローソンのポイントカードのポイントがなかなか貯まらないのでどうすれば効率よく貯める事が出来るかを考えています。10,000ポイントくらいは貯まったのですが、近ごろはセブンイレブンやファミリーマートが増えていまして。

—いやいや、考える事は他にもっとあるやろ。

あとは面白いネタがなかなか思いつかないので急に誰かが面白いネタを持ってきてくれないかなーと思ったりしています。

—ネタは自分で考えんと! 比嘉君は2018年の10月入学で今4月やから入学から半年過ぎたけど今までで何か印象に残ってる事ある?

色々とありますが、少し前に先輩芸人の絶対的7%さんの初単独ライブのお手伝いをさせて頂いた際に、そのまま打ち上げにも参加させて頂きました。 そこでお二人のお笑いに対する思いやライブを構成している作家さんの熱い話などを聞いてすごく感動して夜中の4時に家へ帰ってそのままネタ作りに励みました。 僕も早く先輩のように単独ライブとか出来るようになりたいです!

—この前、初めて劇場のライブに出たけどどうだった?
(比嘉君は代打北川というコンビを組んでいる)

すごく緊張しました!ライブに向けてネタを作りこんだり当日、ステージでネタを披露出来て楽しかったです。 終わってから興奮が冷めやらず朝5時まで寝れませんでしたが、また面白いネタを作ってライブに出たいです。それとチョップリンさんの大ファンで「影」というコントが大好きなのですが、先日コントの衣装を着てランウェイを歩くライブで「影」の衣装を着るモデルを務めさせて頂きました。これもめちゃくちゃ嬉しかったです!

【1時間ほどあるき淀川の橋を渡る。4月だがさすがに汗が出てきた】

—疲れた~。あとどれくらい?

おおよそ一時間ぐらいです。

【そこから再度休憩をはさみつつタレントスクールに到着】

—ようやく到着。さすがに疲れた~。

でも授業開始まで1時間半ほど時間があるけど?

僕は早めに着いて準備体操やネタを考えたりしています。 早く着き過ぎた時はスクールの周辺を散歩して時間を潰しています。

—まだ歩くんや・・。

【そして今日は2019年4月生の入所日でした】

せっかくやから比嘉君も先輩スクール生として挨拶したら?

2018年10月生の比嘉です。メンバー追加募集中です。興味ある人は一緒にやりましょう!

—いきなりメンバー募集!今のコンビはどうすんの?

はい!僕はプラン9さんに憧れているので人数をもっと増やして最終的に5名程度で活動したいと思っています。よいスクール生がいたらスカウトしようと思います。

【授業が始まり真剣に聞き入る比嘉君。今日は新入生も入ってきたので自己紹介からネタの作り方や台本の書き方などを学びました】

【授業も終わり授業を見学に来た去年度のスクール生と談笑】

—比嘉君、今日は一日ありがとう。

ありがとうございました! 今からまた歩いて帰ります。

松竹芸能タレントスクール 詳しくはこちら

関連記事